国債投資は損が少ない

一番安全な国債への投資

国債への投資のかなり高い安全性

国債に投資する1番の魅力とも言えるのが、安全性が非常に高いという点です。その理由は、国が破綻しない限りは、債券が紙切れになってしまうことはないのです。一般的な企業から株券を購入する場合、たとえどれだけの大企業であっても、やはり経営破綻や倒産をする可能性は少なからずあるわけです。そうなれば、大幅な損失になってしまう可能性もあるので、どうしてもある程度のリスクは避けられないのです。でも、国債への投資であれば、そういった心配はほぼ無用とも言えるので、安全性だけならどの会社や企業よりも上だと言えるわけです。

投資としての国債の安全性

国債は日本政府が発行するペーパーレス方式の安全性の高い投資です。個人向けには、変動金利10年、固定金利5年、固定金利3年があります。他に新窓販国債もあります。金利面では、金融機関の定期預金に気を持ったくらいの利率ですが、最低金利0.05%の最低金利保証があり、これより下がることはありません。投資として運用を行うには、それほど利益が出る金融商品ではありませんが、国が破たんしない限り元本が保証される安全な商品です。個人向けであれば、1年を過ぎれば中途換金も可能で、取り扱い金融機関で購入募集を毎月行っています。

↑PAGE TOP